2009年11月16日

ウエストンのオーストリッチのローファー

太鼓のように
歩くたびに音がします。


2009_0629_110704-CIMG0421.JPG

2009_0629_113533-CIMG0426.JPG


かれこれ20年前になりますが、
オーストリッチという素材に
やたら興味があり、

鞄や財布などよりも
やっぱり靴でオーストリッチ素材が欲しいと思い、
大枚を叩いて買ったのが、
このウエストンのローファーです。

当時、オーストリッチの
靴を手掛けているメーカーが、
バリーとかモレスキーなどの
イタリアのマッケイ系が主流だった中で、

唯一トラディショナル系で作っていたのが
ウエストンでした。

当時の私の1か月分の給料より若干上と
かなりいいお値段でしたが、
こんなこと若いうちじゃなければ
できないと思い、思いきりました。

履き心地は、ジャストサイズなので
決して悪くないのですが、
革質が乾燥しているせいか、
甲からつま先にかけての部分が
歩くたびに太鼓を軽く叩いたような
ポコポコという音がします。

つま先から着地した時に革がたわみ、
つま先が地面から離れ、革が伸びた瞬間に
ポコとなんともいえない
情けない太鼓のような音がするんです。

都心の雑踏の中では、
そんな音はかき消されてしまうので
全然問題ないのですが、

私の住まいがある片田舎では、
特に夜道はやたら音が響いて、
前を歩いている人が振り向いてしまいます。

そもそも、そんなに出動回数の多い靴ではないのですが、
履く時は、覚悟を決めなくてはいけないという
私のコレクションの中では、
もっとも不思議な靴になってしまいました。

ウエストンの店員の方にも聞いたのですが、
ジャストフィットだからしょうがないとのこと。

そんなわけで、心に余裕がある休日の日に、
ときどき、あえてオーストリッチ音を楽しんでいたりします。

できの悪い靴ですが、それがまたかわいかったりします。

なにしろ、とんでもない大枚を叩いてまで買った靴ですから。
タグ:フランス靴
posted by ojioji at 01:15| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 靴の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

フローシャイムの7アイレットパンチドキャップ

このデザインのスエードが
欲しいと思っています。


2009_0805_212206-CIMG0567.JPG

2009_0805_212306-CIMG0569.JPG

またまたご無沙汰してしまいました。

今回はフローシャイムの
60年代の7アイレットのパンチドキャップです。

以前、黒をご紹介しましたが、
形がきれいなので、茶と2足揃えています。

特に茶は、アウトステッチがホワイトなので
とてもクラッシックないい雰囲気を醸し出していて
結構気に入っています。

これもフローシャイムの
レギュラーラインなのですが、

クオリティはなかなかで
革もやわらかく肉厚で、
しかも磨けばよく光ります。

よく光る靴って、
私にとってはとても重要で、

光ってくれるからよく磨く。
よく磨くから、よく履く。
そしてまた手入れをするから長持ちする。

というグッドスパイラルを実現しています。


古い靴ですけど、
もともとパンチドキャップは完成された
デザインですし、

以外と守備範囲が広いので重宝しています。

それになんといっても
7アイレットという洗礼されたスタイルがいい。

トゥと甲と足入れ部分の絶妙なバランスは
まさにフローシャイムならでは。

こういう靴を
いつまでも作ってくれると良かったのにと
つくづく思ってしまいます。

このスタイルで是非、
タバコスエードを揃えたいと思っているのですが、

それをTENJINYAMAさんで
オーダーできたらいいなと
思っていたりする今日この頃です。
posted by ojioji at 09:30| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 靴の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

ビンテージ フローシャイムのストレイトチップ

気になっていた広告と同じ靴を
手に入れることができました。


46florsheimshoes.jpg

2009_1018_183440-CIMG0669.JPG

2009_1018_183352-CIMG0668.JPG


先日、オリジナルシューズの上がりを拝見しに
銀座の天神山さんに行ったのですが、

ブログの更新ペースが遅いと
お叱りを受けてしまい、大いに反省して
更新をさせていただきます。

今回はちょっと面白いものをご覧いただきます。

まず、上の画像は1950年代の
フローシャイムの雑誌広告です。

不思議なスクエアトウで、いまでは
見られないデザインですが、

逆にそれが新鮮でいい雰囲気だなと
ずっと気になっていたのですが、

トウシェイプこそ違いますが、
作りが同じで、しかも正真正銘の
フローシャイムの靴を
手に入れることができました。

それが下の2枚の画像になります。

この頃は、ステッチをわざと太くして
目立たせるのが流行っていたようで、

同年代のナンブッシュの
ダービーのストレイトチップも
太めの3重のステッチが入っていました。

もうひとつの特徴は、
甲からサイドにながれるデザインが
ゆるやかにカーブを描く通常のパターンとは違って
スクエアに近い形状であること。

このデザインは1年前に信濃屋が
ラッタンジで作らせたオリジナルシューズでも
取り入れられていました。

信濃屋別注のラッタンジはとてもエレガントでしたが
こちらは太いステッチの影響か、
カジュアルな雰囲気を醸し出しています。

いずれにしても、古き良きアメリカ靴の
象徴的なデザインで、
ひととおりのデザインをもっている自分としては
とても新鮮だったりしています。

革はもともと質が良く、その上
保存状態がとても良かっただけに
とても良く光ります。

ちょっと古くさいデザインですが、
そのちょっと鈍臭いイメージが
逆にいいかなと思っていたりもします。

サイズもドンピシャなので
これから、どんどん履き倒そうと思っています。
タグ:アメリカ靴
posted by ojioji at 20:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 靴の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

靴を長持ちさせるために

大切なのは技術じゃなくて
気持ちだったりします。


靴を長持ちさせる秘訣はと
良く聞かれるのですが、

実は特別なことはしていません。

ただ、当たり前のことは
きちんとやっています。

たとえば、履くときには
必ず紐を緩め、シューホーンを使って
履いています。

リアルホーンが一番いいですね。

靴に傷をつけることもないですし、
固さもちょうどよくて
履きやすいし、靴にも優しい。

ロイドフットウエアだと
ミドルサイズは8000円前後で買えます。

一生モノだと思えば全然安いですよ。

プラスティックのものや
金属のものを使うより、気持ちがいいですし。

もちろん時間がないからといって、
無理やり足をねじ込むようなことは
一切しません。

かかとを踏むなんて、もってのほかです。

脱ぐときも紐を緩め、手で靴を押えて
脱ぐようにしています。

反対側の足のかかとで
靴を押えて、足だけで脱ぐのは
靴を痛めるので、絶対やりません。

また、極力雨の日は雨用の
ラバーソールの靴を履きますが、

万が一、雨に当てても
水洗いをして、シミにならないように
手入れをしています。

一部分が濡れるとシミになりやすいですが、
わざと全体を濡らして汚れを落とせば、
いい革ならちゃんと元に戻ります。

それから、シューキーパーは
型崩れ防止のために、必ず入れるようにしています。

家に帰ってすぐに入れる人もいますが、
丸一日履いた靴の中は、想像以上に湿っているので
一晩自然乾燥させて、翌朝にシューツリーを入れています。

安いバネ式のでもいいのですが、
ちょっとテンションがきついので、

木製のものがいいと思います。

メーカーの木型に合ったものが
一番いいのですが、サイズが合ってさえいれば
そこまで厳密じゃなくても全然大丈夫です。

それから、汚れは履いたその日のうちにきれいにします。

軽くブラッシングしたり、
布でふいたり。これをするしないで
だいぶ違います。

特にこすってしまったところは
早めにクリームを塗ると再生するので
ケアしてみてください。

それから、連続して同じ靴を履かないこと。
最低でも2日は明けてあげないと
ダメージが大きくなります。

他の人とたぶん違うのは、
ダメージを見つけたらすぐに
メンテすることだと思います。

どこか悪いところはないか。
何か不都合はないか。
履く度にきちんとチェックする。

結局、靴を長持ちさせたいと
思う気持ちが大切なのだと思います。

靴は愛情をかけると
必ずそれに応えてくれます。

だから、きちんと愛情を注いであげましょう。

これが私の結論。

いいモノを大切に使うことこそ、
紳士道だと思います。

拘りの逸品の生涯大切に使う。

かっこいいじゃありませんか。

その気概を持って靴と向き合えば、
必ず長持ちします。
posted by ojioji at 22:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 靴の手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

フローシャイムのKENMOORプレーントウ

いろいろなスタイルに合うので
なにかと重宝しています。


2009_0706_221906-CIMG0470.JPG

2009_0706_221953-CIMG0472.JPG

すみません。
ご無沙汰してしまいました。

さて、今回は
私が所有しているフローシャイムシリーズで
もっとも出番の多い、プレーントウです。

カシミアレザーと称される
グレインレザーを使った
シンプルなデザインが特徴の靴です。

グレインレザーですが
トウ部分は革がしっかり伸びているので、
鏡のように光っています。

といっても、トリプルソールで
かかとは2列の釘打ちで
これでもかとKENMOORであることを
主張しています。

重たいのですが、返りがよくて歩きやすく、
長時間履いても、意外に疲れません。

とにかく皺の感じがいいんです。

相変わらず大理石の上では、
よく滑って腰を痛めていますが、
めげずによく履いています。

ただ、最近ヒールが大分摩耗してきて
リペアをどうしようか迷っています。

いままではハーフラスターで
リペアしてきましたが、
この釘と金具がカチカチなる
独特の感じも捨てがたい。

ユニオンワークスでは元通りに
2列釘打ちをやってくれるのらしいですが、
実用性も考慮しなきゃといまだに迷っています。







タグ:アメリカ靴
posted by ojioji at 20:15| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 靴の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

ヴィンテージ ネトルトンのロングウィングチップ

フランス靴っぽい
テイストが気に入っています。


2009_0706_221219-CIMG0461.JPG

2009_0706_221240-CIMG0462.JPG

2009_0706_221347-CIMG0464.JPG


ネトルトンといえば、
ローファーの名付けの親として
有名なメーカーでしたが、

1980年代半ばに工場をたたむまで、
ほんとうに手の込んだ靴を作っていました。

この靴は1960年代だと思いますが、
一番繁栄していた時期でしょうか、
丁寧な作りで、革質もとてもよく
経年とともにとてもいいテイストになっています。

ソールはオールレザーで、
大理石の上などはちょっと滑るので
怖いのですが、履き心地は
靴自体の重さを感じさせない、
軽やかさで、結構心地良いです。

また、他のアメリカメーカーの
ロングウィングチップとは一線を画していて
古いウエストンのような
無骨だけどエレガントさを漂わせる
不思議な魅力を持つデザインです。

カラーも自分なりにいろいろいじって、
自然なアンティーク感が出たと思っています。

この靴を履くと、
なぜか気分が良くなったりするので

休日の何でもない日に
引っぱり出して履いたりします。

服や帽子や時計やメガネでも
自分の気分を表現することってあると思います。

自分の気分を表現するために
靴を選ぶというのも、とても面白いですよ。

いろいろな靴の楽しみ方があっていいと
自分は勝手に思っていたりします。

いかがでしょう。
posted by ojioji at 12:42| 東京 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 靴の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

ビンテージ フローシャイムの3アイレットフルブローグ

この靴は履き皺が
とてもきれいに出てくれました。


2009_0623_170019-CIMG0376.JPG

2009_0623_165844-CIMG0375.JPG

久し振りの更新になります。

フローシャイムのレギュラーシリーズの
3アイレットの外羽根のフルブローグです。

とてもクラッシックな
面構えが気に入っています。

1970年代前半の製品なのですが、
この時期のレギュラーシリーズは、

ライナーの一部がキャンバスで
ベロの裏側のクッションがフェルトです。

でも、それ以外はImperialシリーズと
大きな差があるわけでもなく、

革質も結構いい感じですし、

縫製もラスティングも
丁寧でしっかりしていて、
ヒールカップの曲線は
惚れ惚れしてしまうくらい、
艶があります。

毎回同じことを言っていますが
ステッチも細かくてきれいです。

スタイルが古いと思われるかも知れませんが、
意外とタイドアップでも、カジュアルでも
いろいろと合わせやすく、重宝しています。

足入れがよくフィット感が高いせいか、
履き皺もきれいに出てくれます。

この履き皺がいいんですよね。

同じ靴でも履き皺が違うと、
なぜか表情も変わります。

いってみれば、履き皺は
その靴の個性なんですよね。

しかもその皺の入り方で
上品に見えたり、かえって美しく見えたり。

もちろんその逆もあります。

それだけに皺は奥が深い。

これも靴に魅せられてしまった
大きな要因だと思っています。
タグ:アメリカ靴
posted by ojioji at 07:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 靴の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

AVONHOUSE別注トリッカーズ スエードプレーントゥ

ビロードのような
上品な質感があります。


2009_0812_231009-CIMG0583.JPG

2009_0812_231050-CIMG0584.JPG


前回紹介した
スエードのローファーと同じ時期に購入した
AVONHOUSE別注のトリッカーズの
スエードプレーントゥです。

こちらもローファー同様鼻先が短く、
ちょっとレディースシューズのような
佇まいです。

そんな雰囲気の靴なので
ビシッと決めるときよりも、
抜いた感じのカジュアルで
よく履いていました。

夏だとポロシャツにデニムに
裸足で履いたりして、

それだけで、なんとなく
いい気分になってたりしてました。

スエードがきめ細かく
色がいいので(写真ではうまく伝わらないかもしれませんが)
独特の上質感を醸し出してくれるので、

オフのときには結構重宝しています。

最近、ビロードのようなきめ細かな
スエードを見かけなくなりました。

ジョンロブのスエードのロペスを所有していますが、
革質がいいといわれるジョンロブでさえ、

ここまでのキメの細やかさがありません。

タンナーの製法が変わってしまったのでしょうか。

大卒初任給よりも高い金額なのに、
ちょっと考えものですね。
タグ:イギリス
posted by ojioji at 12:39| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 靴の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

ビンテージ フローシャイムのパンチドキャップ

ほかでは見ることができない
美しいフォルムがあります。


2009_0813_133249-CIMG0588.JPG

2009_0813_133219-CIMG0587.JPG


私が懇意にしている
TENJINYAMAメンズスタイルのブログで
オリジナルシューズが紹介されていますが、
私もこのスタイルは大好きです。

http://blogs.yahoo.co.jp/ginza645/48852842.html

まさに、喉から手が出るほど欲しかったのに
どこにもなかった古き良きアメリカ靴のスタイルが
きちんと再現されていて、とてもうれしく思いました。

TENJINYAMAのショップで展示されている
私が所有するフローシャイムのパンチドキャップの
エレメントがあちこちに生かされていて、

とくにベベルドウエストの部分は、
他に見られない意匠で、所有欲をくすぐります。

http://blogs.yahoo.co.jp/ginza645/46618007.html

さて、前置きが長くなってしまいましたが、
古き良きアメリカ靴として今回ご紹介したいのが、

フローシャイムのパンチドキャップです。

同じパンチドキャップでも
こちらはセブンアイレット。

履き口が小さい
エレガントなスタイルが特徴です。

1960年代後半のもので
インペリアルではなく、
レギュラーラインなのですが、
革質や作りは本当にいいです。

特にかかとの作りは
人間の足をきちんと計算した
美しいフォルムを持ち、

いずれはこのスタイルで
オリジナルシューズを作っていただければと思います。

ほかにも、フローシャイムの
古いUチップを参考にして、オリジナルができればなんて
勝手に考えていたりします。

サンプルはあります。

それにしても、フローシャイムはここまでの技術を
捨ててしまったのは、ほんとうに惜しい。

オールデンやアレンエドモンズのように
伝統を継承していればなんて考えると、

本当に残念で仕方がありません。
タグ:アメリカ靴
posted by ojioji at 13:35| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 靴の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

AVON HOUSE別注トリッカーズ スエードローファー

オールソールして、
再起を狙っています。


2009_0812_230827-CIMG0581.JPG

2009_0812_230814-CIMG0580.JPG


以前にご紹介したAVON HOUSE別注の
トリッカーズのシリーズ第三弾、

スエードローファーです。

80年代後半の
アルマーニやジャンフランコフェレが
やたら流行った時に購入した

今のトレンドとは逆をいく
鼻先の超短いローファーです。

これもアウトレットショップのはしり、
神田のストラッドフォードで購入しました。

とにかく、サイズがたまたま揃っていたので
ローファー2足、パンチドキャップ1足、
そしてスエードのプレーントゥ1足を
大人買いをしました。

ジャケパンによく合わせていました。
ローファーはとにかく履きやすいので
購入当初の出場回数は結構多かったですね。

雨にも当てたことがありますが、
それなりに手入れもしたので
スエードの状態も
そこそこキープできています。

久し振りに取り出して、
オーツカM-5でオールソールをしました。

出し縫い部分は
ホワイトステッチにしてもらい、
購入時よりさらにパワーアップして
いい感じになりました。

たぶん、
そろそろこのロングノーズブームが一段落して、
その反動で真逆のショートノーズが
脚光を浴びるようになると思うので、

その時に是非、復活させたいと思います。

さて、いつのことになるやら…。
タグ:イギリス靴
posted by ojioji at 22:01| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 靴の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。