2010年10月31日

マスターロイドのセイム

ロイドにしかない
マスターロイドらしい靴です。


2010_1023_153926-CIMG1019.JPG

2010_1023_153838-CIMG1017.JPG


2007年に銀座のロイドで購入したマスターロイドの
セミブローグ・セイムのコンビです。
セイムはTHAMEと書きます。

以前、ご紹介したチェスナッツアンティークのカーフと
モスグリーンのキャンパスのコンビと同じモデルです。

今回は黒のカーフとベージュのスエードです。
これも時々ロイドが仕掛ける企画品で、
スエード部分が白じゃないところが、
ロイドらしさではないでしょうか。

バンプからサイドに流れるブローギングと
履き口の周りのブローギングは別パーツになっていて、
それが故になんともいえない
いい雰囲気を醸し出してくれています。

やっぱりこういうクラシックなテイストの靴は
ロングノーズではない方がいいですね。


セミブローグでいうと、エドワードグリーンの
202ラストのカドガンのシェイプが好きなのですが、

このセイムのバランスもなかなかのもの。
いろいろな角度で見ても、ポイントの高い靴だと思います。

ひいて言うと、合わせが難しいというところでしょうか。
というか、持っている服で合うものが少ないという
言い方の方が正しいかもしれません。

というわけで、いまだに登場回数が片手で
数えられるくらいしかない靴ですが、
自分としては、フェイバリットランクの高い靴だったりします。


posted by ojioji at 00:36| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 靴の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。

いつかはコンビ靴をと夢を見ながら何年も経過してしまいました。個人的には以前ojiojiさんが紹介してくださったサヴォイコンビに惹かれます。
ojiojiさんのお言葉にありましたとおり確かに合わせは難しそうです。履いちゃえばいいんでしょうが。職場に服飾に全然関心がない人で稀に動物的といいますか天才的な合わせを展開する人がいます。驚きます。その合わせ技をこっそり真似することあります。
Posted by ロイド派 at 2010年10月31日 07:39
ロイド派さん。確かに履いちゃえばなんとかなるものなんですが、「おっ、やるな」と「あーあ、やっちゃた」の境界線が難しくて。まあ、いろいろ研究してみようと思います。
Posted by ojioji at 2010年10月31日 11:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/167749893

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。