2010年08月29日

ジョンロブのダービー

とにかく硬くて、手強いやつです。

2010_0621_230242-CIMG0845.JPG

2010_0621_230343-CIMG0847.JPG


私が所有している靴の中で、
グッドイヤーウェルテッドにもかかわらず
6ケタを超える価格の数少ないコレクションのひとつが、
このジョンロブのダービーです。

外羽根の靴として
エレガントなフォルムだと思い
以前から憧れていた靴だったのですが、

かれこれ5年履いていますが、
なぜかいまだに馴染んだ感覚がなく、
返りの堅さが気になります。

エルメス系だけあって、
革には上質感はあるのですが、
作りが桁違いにいいという実感は特にありません。

こんなことを言っては
いけないのかもしれませんが、
いまだに価格に見合う価値を見いだせずにいます。

旧き良き時代のフローシャイムのケンムールや
ジョンストン&マーフィーのロングウィングも
トリプルソールですが、
こんなに硬くはありませんでした。

エドワードグリーンの旧202ラストや
C&J製の330ラストのマスターロイドや
天神山オリジナルシューズをはじめて履いたときの
なんとも言えない心地よさも、感動もありませんでした。

この靴を購入して、価格の高さが品質の絶対的な高さと
比例するとは限らないということを、改めて学びました。


まあ、簡単にいってしまえば、
ブランドとしてのステイタスに金を払うことを
良しとするか否かということなのでしょうね。

といいながら、ジョンロブはローファーのロペスを2足、
アシュレイを1足、そしてマイアミという
デッキシューズを1足持っています。
マイアミ以外は、そこそこの履き心地なので
セミレギュラーとして、ローテーションさせています。

でも、この靴を購入したことに
後悔こそしていませんが、実は満足もしていません。

気が付くと、いままで紹介した靴で
一番厳しい表現になってしまいました。
posted by ojioji at 00:03| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 靴の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
色といい形といい凄く魅力的なダ−ビ−だと思います。かなり惹かれてヨン様状態というか目が釘付け状態です。個人的にもロブの綺麗でクラシック(だと思ってます…)なフォルムが好きで数足愛用していますが自分の足に合っているかはなかなか難しいです。確かに履いた時の感動も低いですから半分の価格だったらいいのになと思います。
Posted by ロイド派 at 2010年08月29日 10:19
ロイド派さん 残念なのですが、ダービーのラストは自分の足には合っていないようです。でも、ロペスはフィットするんですけどね。靴選びって本当に難しいものです。
Posted by ojioji at 2010年08月30日 23:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。