2010年10月03日

マスターロイドのプット二ー

思っていた以上に、応用が利くデザインで
かなり重宝しています。


2010_0621_225738-CIMG0838.JPG

2010_0621_225728-CIMG0837.JPG


すみません。すっかりご無沙汰してしまいました。

しかし、不景気はちっともに良くなりませんね。
少なくとも私が従事する人材系のビジネスは相当ヤバいです。

そんなこともあって、なかなか気分が乗らず、
ついつい先延ばししてしまいました。

今回も前回に引き続き、マスターロイドの
スキンステッチが利いたモンクストラップ、PUTNEYです。

John LobbのOsnerに瓜二つなので、
よく間違われます。(ある意味Luckyなのでしょうか?)

ちょっとロングノーズ気味に見えますが、
他のマスターロイドと同じ330ラストです。

バックルの付け根がゴムになっているので、
いちいちバックルを外さなくても履けるので
とても重宝しています。

特に精密工場や研究所など、
靴を脱がなくてはならない場所に
赴くときは、とても便利です。

スキンステッチは、いまいち色気不足ですが
それ以外はとても良くできた靴です。

フィット感も良く、ドコモ当たりませんし
長く履き続けても、そんなに疲れません。

デザイン的にもいろいろな合わせができるので
結構便利ですよ。

濃い赤茶ですが、薄茶でも中茶のスエードでも
結構かっこいいと思います。

これもレギュラーローテーションの一員として
オールシーズン活躍しています。
ラベル:イギリス靴
posted by ojioji at 00:00| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 靴の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以前まではジョンロブが最高だと思って愛用してました。しかし今ではマスターロイドを履いてる方がモチベーションが高まります。値段も納得出来るし臆する事なくガンガン履けるので。
プットニ−少し気になり始めました。今度確かめに行きたいと思います。
先日東急ハンズにてコルドヌリのシュ−キ−パ−発見しました。一度試してみようと思います。
Posted by ロイド派 at 2010年10月03日 20:31
こんにちは。

良い姿をしていますね。
応用範囲の広そうな、靴ですね。
気に入った靴を通年履けるのが羨ましいです。
雪国に住む私は、雪道用に別途用意しなければなりませんし、冬靴に碌な物が有りません。
これからもいろんな靴をお願いします。
Posted by musselwhite at 2010年10月03日 21:26
musselwhiteさん
すみません。配慮のない物言いをしていました。
Posted by ojioji at 2010年10月05日 15:06
ロイド派さん
正直、John ○obbを1足購入するよりは
Master Lloydを3,4足購入する方が
絶対いいと思っています。是非、Putneyは手に入れてみてください。お勧めです。
Posted by ojioji at 2010年10月05日 15:11
ロイド、すべて実用で2ダースですか?
散財家(言い過ぎでスイマセン)ですね。
私の場合ローテーション登板できるのが、10足程度、今夏は、暑い暑いと言いながら、黒色の出番も多かったです。
ブットニーはバックルの大きさといい、ベルトの太さといいベストなプロモーションを持っていますね。今度はこれを対象に考えます。ラバー製のソールが付いて雨の日に履ければ最高!!

ホワイトバック以降の記事が読めませんでした(なぜだか不明です)。
続けての投稿を楽しみにしています。
Posted by Tony at 2010年10月05日 16:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。