2010年06月21日

マスターロイドのバークレイ

この無難さが重宝しています。

2010_0621_225642-CIMG0836.JPG

2010_0621_225630-CIMG0835.JPG

2010_0621_225605-CIMG0834.JPG


今回は1年を通してよく履いている定番靴
マスターロイドのセミブローグ・バークレイをご紹介します。

セミブローグのデザインは、エドワードグリーンの
カドガンの方がいいと思っているのですが、

履き心地、革の質、使い勝手のよさ、
コストパフォーマンスなど総合的に考えると
こちらのバークレイの方が数段上だと思います。

そういえば、エドワードグリーンにも同名の靴がありますが
あちらはパンチドキャップでしたね。

この靴は、というかセミブローグはある意味完成された
デザインですし、いろいろなシチュエーションにも
対応できるのでとても便利です。
程よく渋い濃茶も適応力がありますし、本当に重宝しています。

2006年の購入ですので、今年で4年目。
まだまだ若いですが、これからじっくり履き込んで
成熟させていきたいと思っています。

ひと日記で毎週紹介されている横浜信濃屋の白井さんの靴は
どれもが手入れが良く、
実に理想的なエイジングがなされた靴ばかり。
毎回、拝見しながら溜息ばかりをついていますが、

いずれはそれらの靴と同様に、
しっかり育てていきたいと思います。

それにしても、白井さんがISAIAのオレンジの
アンコンジャケットに合わせていらっしゃった、
ナイロンメッシュの2トーンのフルブローグ。
めちゃくちゃいい感じだったなあ。(溜息)
ラベル:イギリス靴
posted by ojioji at 23:57| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 靴の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも楽しませていただいております。
今回あまりに小生のツボにはまりましたので、初カキコさせていただきます。
素晴らしい色合いです!
初心者ゆえの愚問ですが、やはりC&J製ですよね?
Posted by 靴初心者 at 2010年06月23日 16:35
靴初心者さん。アクセスありがとうございます。2000年位からマスターロイドはC&J製になりました。この靴も当然、C&J製ですが、ハンドグレードと同等の仕様なので、一時期のEG製より製品の完成度は高いと思います。
Posted by ojioji at 2010年06月24日 00:34
初めまして。
とても美しいエイジングですね。

このバークレイはどういったお手入れ用品を使っているのですか?
チェストナットは色々な色のとらえ方があって
クリーム選びも難しいですよね。
まあそこがいいところでもあるのですが
Posted by KIzuki at 2011年03月07日 20:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。