2010年05月06日

アレンエドモンズのマクニール

いろんな意味で安定感のある靴です。

2010_0502_004617-CIMG0788.JPG

2010_0502_004652-CIMG0789.JPG

2010_0502_004731-CIMG0790.JPG


今回はじっくり育てて、いい感じで年季の入った
アレンエドモンズのロングウイングチップ・マクニールです。

フローシャイムのケンムールと並んで
アメリカを代表するドレスシューズとして君臨する
いまだに生産が続けられている、由緒正しきロングウイングです。

これは彼此30年ほど前のもので、
革質も良く、酷使をしたにもかかわらず、良く光ります。
というか、履き込んでいてもきれいに磨かれた靴は
なんともいえない魅力がありますよね。

ソールもなめしがいいせいか、減りが少なく
ヒールこそ2回リペアしましたが、
ソールはいまだに現役で頑張っています。

私が毎日欠かさず見ている人気ブログ・ひと日記の
白井さんのコーディネートで
紹介されているナンブッシュのロングウイングに比べれば
その風合いはまだまだですが、
私のコレクションの中では、熟成されている方です。

革の色も、もっとエイコンに近い明るい中茶だったのですが
手入れを重ねるごとに色合いが深みを増し、
味わいのある濃茶になりつつあります。

育てて楽しい靴なので、まだまだしばらくは
じっくり付き合っていきたいと思っています。

この前、Tシャツに
エンブレム入りのチルデンベストを羽織り、
チノーズにこの靴を合わせたら、
あるセレクトショップの店員さんに
「いい合わせですね」と言われました。

案外、時代を感じさせない靴なのかもしれません。
今後もすこしはずしを楽しみたいと思います。

ベースがしっかりしているデザインだからこそ
いろいろ冒険してみてもいいかなとも思っています。
posted by ojioji at 20:04| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 靴の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。フローシャイムが好きで、こちらを、幸運にも発見させてもらいました。毎日チェックさせていただいております。
素晴らしい、ビンテージの数々、羨ましい限りです。
私のサイズは、9・E程度なんですが、見つかるのは、11・Cや13・Bとか、幅の狭い固体ばかりで、捜し始めて10年余りですが、やっとサイズの合う3足が手元にやってきてくれてます。インペリアルのフルブローグ黒・茶、一足ずつ。同じくプレーントゥの茶、一足です。詳しい年代は分からないんですが、ソールが木目調なんで、近年のものではないと確信しております。
今後も、拝見させてもらいます。よろしくお願いします。
Posted by ジョンスコ at 2010年05月07日 14:51
ジョンスコさん、はじめまして。私も旧いフローシャイムが好きで、結構散財しました。アメリカ靴は70年代以前がやっぱりいいですね。インペリアルのケンムールでも80年代くらいまでです。特に40S〜50Sは、よくこんな靴を量産していたなと感心するくらいの素晴らしいクオリティです。まだ、未公開のものもたくさんあるので、これからご紹介しようと思っています。どうぞよろしくお願いします。
Posted by ojioji at 2010年05月09日 11:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。