2010年02月05日

信濃屋 白井さんと靴談義

至福の時間を過ごすことができました。


1942_053.jpg1938_047.jpg8101-8150_027.jpg1938_048.jpg7401-7450_040.jpg


今日、信濃屋馬車道店に行ってきました。

仕事の関係で桜木町にアポがあって、
馬車道は目と鼻の先だったことと、

毎週木曜日は、服飾界の重鎮で
私が尊敬する白井さんがお店にいらっしゃる日で、

しかも、ひと日記でお馴染みの
hitoさんがブログの取材のためにいらっしゃっているので、

hitoさんにとっては迷惑な話かもしれませんが、
ここはひとつ古いアメリカ靴の話に花を咲かせたいと
思い、おじゃますることにしました。

なので、話題のきっかけ作りにと思い、
信濃屋で26年前に購入したボストニアンのコードバンの
サドルオックスフォード
を確信犯的に履いていきました。

そうしたら、何とうれしいことでしょう。
今日はあの知る人ぞ知る
フローシャイムのフルブローグ(KENMOOR)を
お召しになられていたのです。

その靴を拝見しながら、
「昔のアメリカ靴って本当にいいですね」
と私が口火を切れば、
次から次へとアメリカ靴について
お話をいただくことができました。

そして、「実はこれがオリジナルシューズのネタ帳なんだよ」と
古き良き時代のWALK−OVERのカタログを
見せていただいたり、

シルヴァノ・ラッタンツィに発注する時に描かれた
白井さん直筆のスケッチを見せていただいたり、
(これが見事で、そのままカタログにできるくらいでした)

本当に至福の時間を過ごすことができました。


写真は、今日拝見したカタログではありませんが、
アメリカの古き良き時代の靴たちの広告です。
思わずため息が出てしまいそうなシェイプだと思いませんか。

こんな靴が当たり前にあった時代を
リアルにご経験なされている白井さんを
本当にうらやましいと思いました。

最後にhitoさん、本当に横入りすみませんでした。
何卒ご容赦ください。
【関連する記事】
posted by ojioji at 01:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。