2010年01月04日

マスターロイドのASTON

ビスポークなんていらない。
そう思うくらいのフィット感です。


2010_0104_153458-CIMG0679.JPG

2010_0104_153612-CIMG0681.JPG

2010_0104_153527-CIMG0680.JPG



あけましておめでとうございます。

新年はすっかりのんびりしてしまい、
2010年最初の更新は今日・1月4日(月)になってしまいました。

第一弾はマスターロイドのASTONです。

これは2004年の10月にロイドフットウエア銀座店で
購入したものですが、

2001年辺りから、マスターロイドのファクトリーが
エドワードグリーンから
クロケット&ジョーンズに変更になり、

個人的には魅力が半減したと
しばらくそっぽを向いていたのですが、

ドア越しに店内を覗くと、いままでにない
デザインの靴があったので、気になって店に入り、

フィッティングをしたら、
かつて経験をしたことのない
フィット感に酔いしれて
ついつい衝動買いをしてしまった次第です。

実はこれがクロケット&ジョーンズの
ラスト330との
運命的な出会いでした。

それまでは、どんなにいい靴でも
多少のアローアンスは
仕方がないと思っていたのですが、

ここまでフィットするとは、
まさに驚きでした。

どこも当たらないし、
ほどよい遊びがあり、
足が優しく包み込まれるような
いままでに経験をしたことのない快感を
はじめて感じることができたのです。

店長の井上氏に聞くと
このASTONというモデルは、
踵が抜けるというお客様が多いとのことでしたが、

私の場合は、全くそんなことはなく、
タイトでもなく、かといってルーズでもなく
しっかり足に靴が付いてきてくれるのです。

オーダー靴でも、
こんな快感は味わえませんでした。

実際にこの靴で4時間も歩いたことがありますが、
いわゆる歩き疲れはありましたが
皮が剥けたとか、マメができたということは
一切ありませんでした。

しかも世界一すべるレザーソールと謳われる
クロケット&ジョーンズですが、

どうしてどうして、このマスターロイドの
ソールは全くそんなことはありません。

クロケット&ジョーンズのハンドグレードも
何足か所有していますが、作りは若干違うようです。

ただ、ラスト330のこの絶妙なフィット感は
私にとっては世界一だと思っています。

残念ながらASTONは人気が無かったようで
現在は定番ではなく、MTOとしてしか
入手できなくなってしまったようですが、

これで病みつきになってしまい、
ビスポークを作るよりも絶対にマスターロイドだと

この後2年間、狂ったように買い漁っていくのでした。
posted by ojioji at 16:00| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 靴の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
明けましてお目出度う御座います。

自分に合う既製靴を見つけるのは並大抵の経験値では出来ないですよね。
しかもオーダー靴以上のフィット感となると、よほど良い出会いだったのですね。

自分も手持ちの足数が増えましたが(既製靴ばかり)、これが自分に合うと
言い切れる靴はわずかです。
Posted by Tassy at 2010年01月09日 16:55
Tassyさん 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。ロイドフットウエアは、マスターロイドがエドワードグリーン製だった時も、日本人に合ったラスト202を紹介してくれましたし、C&J社に変わってからも、330ラストを紹介してくれました。本当にありがたい存在です。翻れば自分の足は極々平均的な日本人の足型なんだと思います。とはいえ、ドンピシャの靴に出会えたことは、仰る通りかなりラッキーだったと思います。
Posted by ojioji at 2010年01月10日 19:57
はじめまして、
都内下町在住のTonyといいます。
他のサイトからやってきました。

実は、サイドエラスチックでこの写真と同じようなものを持っていまして、10年ほど前に知人から譲りうけたものです。TRICKER'S製の海外どこかのショップとのコラボモノです。キャップトウにメダリオン付きのかなり派手目な形状です。Eウイズで少々幅がゆるめです。あまりにも似ていますので驚きました。

定年間際ではありますが、これからも愛すべき靴たちに囲まれ大事にしていきたいと考えております。
40年ほど前のフローシェイムやアレン、チャーチたちに囲まれています。(修理して使っています)

これからもおじゃまし、拝見いたしますので、お見知りおき(おかしいか?)お願いいたします。
Posted by Tony at 2010年01月12日 16:28
Tonyさん はじめまして。コメントをありがとうございます。エラスティックスリッポンはイギリスでは日本以上にポピュラーなデザインらしいので、同じようなデザインが出回っているのだと思います。Tonyさんも古き良き時代の靴のコレクションをお持ちとのことで、勝手に親近感を覚えてしまいました。こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by ojioji at 2010年01月12日 18:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/137374394

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。