2009年12月17日

ビンテージ フローシャイムのインペリアルフルブローグ

あまりにも普通で地味ですが、
実は60年近く前のインペリアルです。


2009_1217_003122-CIMG0670.JPG

2009_1217_003607-CIMG0675.JPG

2009_1217_003223-CIMG0671.JPG


ここのところ、フローシャイムといえば
レギュラーシリーズのものばかり
ご紹介してきましたが、

今回は、インペリアルシリーズのフルブローグです。

製造はおそらく1940年代か
50年前半だろうと思われます。

ヒールのラスター部分で使われている
オリジナルのロゴ入りのものが
だいたいこの位の時期に使用されていたそうです。

革はちょっと硬めなのですが
肉厚のカーフです。

6アイレットで
少し長めのノーズなのですが、
いまどきの靴にはない
風格があるかなと思っています。

そういえば、
ファッション界の大御所・赤峰氏も
このインペリアルのフルブローグを
お持ちでいらっしゃることを、
雑誌で拝見したことがあります。

特徴的なのは、通常のアメリカ靴は
アッパーを内側に折りたたみ、
ライナーと縫合する2層構造なのですが、

この靴はアッパーとライナーの間にもうひとつ
パイピングの革を挟んだ3層構造になっています。
これはエドワードグリーンやクロケット&ジョーンズの
ハンドグレードなど、高級英国靴に見られる作り方です。

結構、珍しい靴ではあるのですが、
佇まいがあまりに普通なので、

履いていても、特に目立つことはありませんし、
正直、地味です。

でも、さすがに作りはしっかりしていて
かつデザインも古さを感じさせない
燻し銀のような靴であるといえます。

ヒールがそろそろ交換のタイミングなのですが
これを変えるのが勿体なくて

それで最近はあまり履いていません。

とはいっても、あまり履かないと
かえって靴がだめになってしまうので、

年が明けたら、覚悟を決めて
リペアに出そうかなと考えていたりします。
posted by ojioji at 01:02| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 靴の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一見すると佇まいが普通なのに実は凄い逸品、というのは憧れますね。
目利きによる物の選び方が出来ない身としては特にそう思います。
しかし60年前の物でこれほどのコンディションとは……。

履いていても目立つ事はないとの事ですが、昨今の、
「とりあえず目立った者勝ち」
「目立つ為の奇妙奇天烈は許される」
「一目見て違いが判断できなければ個性じゃない」
 ……という潮流の方が「なんだかなあ」という気がします。
Posted by Tassy at 2009年12月19日 14:28
Tassyさん
お久ぶりです。コメントありがとうございます。
地味といっていますが、結構このあっさりしたメダリオンがいまどきは新鮮で、気に入っていたりします。それと、返りがいいので、歩きやすいです。私もこれ見よがしなものは好きではありません。まあ、時代を超えてスタンダードな靴という意味合いで捉えていただければと思います。


Posted by ojioji at 2009年12月19日 22:48
スラリと伸びたラウンドトゥと穴が小さいメダリオンの組み合わせ…個人的に大好きな組み合わせです。確かに一見地味かもしれませんが、私はこういう靴を履いている人をみると!?と反応してしまいますね(;^^)靴オタなので…

それにしても最近のジョンロブみたいな靴ですね。ちょうど今、旬のデザインなんじゃないでしょうか。60年も前の靴が今旬っていうのもすごいことです。

しかもつくりは今の靴よりもずっとよさそうですね。ソール交換したくないというのも良くわかります。けど、せっかく旬の靴なのですから、交換してどんどん履いてあげるのが靴も喜ぶような気がします^^。
Posted by たけたけ at 2009年12月28日 01:15
たけたけさん。コメントありがとうございます。
この靴は古いにもかかわらず、今時っぽいシェイプをしているので、不思議な感覚です。ご指摘の通り、どんどん履くべきなので、いいタイミングでヒールを交換します。
また、来年もよろしくお願いします。よいお年を。
Posted by ojioji at 2009年12月28日 15:59
この靴は1950年代末から1960年代後半までの製造だと思われます。
Posted by 通りすがり at 2014年01月07日 02:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/135823475

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。