2009年12月08日

ミッドセンチュリーのフローシャイムUチップ

採算度外視の
手間のかかったデザインです。



2009_0712_230304-CIMG0511.JPG

2009_0712_230313-CIMG0512.JPG

2009_0712_230347-CIMG0514.JPG

2009_0712_230455-CIMG0515.JPG


また少し間をあけてしまいましたが、
ミッドセンチュリーのアメリカ靴の変わり種
フローシャイムのパーフォレーションだらけの
Uチップをご紹介します。

とにかく発想がユニークです。
風通しを良くするために、
穴を開けているのですが、

通常のブローギングシューズで見られる
パーフォレーションを幾層にも並べた
摩訶不思議なデザインです。

とにかく手が込んでいます。
ステッチだけでも通常の靴の何倍も
手間がかかっています。

採算を重視したら、きっと
こんな靴は生まれてこなかったでしょうし、

おそらくフローシャイムは
既製靴でこのデザインを復刻することは
まずしないでしょう。

技術もないでしょうし、コスト的にも見合わない。

逆にいえば、当時のフローシャイムは
これを量産に乗せていたのですから
すごいとしかいいようがありません。

大変手間がかかっていて
ユニークな靴ではありますが、

遠目から見ると、同色異素材の
コンビのUチップにしかみえません。

だから、あまり気負わずに
コットンかリネン素材の紺プレに
しらっと合わせて履くとか、

普通の茶のUチップという感覚で
履くようにしています。

でも、どこにいっても珍しがられます。

これが50年代のフローシャイムというと
みんな驚かれます。

いずれにしても唯一無二の
個性的な靴だと思います。
posted by ojioji at 01:31| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 靴の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
※このご連絡は、NTTコミュニケーションズが運営する
“My”アフィリエイトの広告プログラムをご紹介する目的で行っております※
突然のご連絡失礼いたします。“My”アフィリエイト スカウト事務局の松嶋と申します。
現在、大手企業様のプロモーションにご協力いただきたい優良なサイト様に個別にお声掛けさせていただく活動をしております。
サイトを拝見し、ファッション情報が充実しており、多くの方が参考にされている魅力的なサイトだと感じ、
ご連絡をさせていただきました。
ご協力いただきますと特典もございます。詳細をご確認後にご判断いただいて構いませんので、
ご興味がございましたらご連絡をお願いいたします。

▼詳細メール申込フォーム  http://www.repo.jp/scouting/
※必須入力項目:エントリーコード『122』 、サイトURL『http://daiseike.seesaa.net/

ご返信にて詳細をご案内させていただきます。
この度のご連絡で不快な思いをされた方には誠に申し訳ございません。
ご検討のほどよろしくお願いいたします。
Posted by “My”アフィリエイトスカウト事務局 at 2009年12月12日 01:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。