2009年11月27日

ビンテージ ナンブッシュのUチップコンビシューズ

随所にクラフツマンシップが
窺えます。


2009_0805_212039-CIMG0564.JPG

2009_0805_212132-CIMG0565.JPG

2009_0805_212146-CIMG0566.JPG


ミッドセンチュリーの Made in USAのUチップの第二弾です。

一時期、ツートーンシューズにはまっていて、
いろいろ物色をしていた時に
あるビンテージショップで発見して

思わず購入したのが
このナンブッシュ社製の
Uチップのナイロンメッシュの
ツートーン(コンビ)シューズです。

1950年代後半の
デッドストックだということですが、
ナイロンメッシュは張りがよく
最近作られたばかりのような感触です。

一番上の写真でおわかりの通り、
本当に目の粗いメッシュになっていて、
シューツリーが透けて見えます。

そういえば、Men's EX特別編集・最高級靴読本Vol.1の
巻頭で紹介されている横浜信濃屋の白井さんの
靴コレクションの写真の中にも、
最前列にウイングチップのナイロンメッシュの
ツートーンシューズが写っていましたが、
これはどちらのメーカーなのでしょうか。
その靴もとても魅力的でした。

このころのアメリカ靴は
クラフツマン魂を随所に感じることができます。

たとえば、ソックシートは表側と同じ
革を使っています。(写真2枚目)
イナセですよね。

ライナーは通常通りのベージュです。
もちろん、右足にだけ小窓が開いていて
NUNN BUSH ANKLE FASHONED
と刺繍でブランド名が書かれています。

ステッチが細かくて、ホワイトステッチも
とてもいいアクセントになっています。

ソールもチャネルソールですし、
ちょっとビスポークっぽい雰囲気があって
その普通に出来がいいことに
見るたびにゾクゾクします。

とはいえ、この靴を履くシーズンはすでに過ぎていて
また1年くらい出番を待つカタチになりそうです。

でも、今からその時期が楽しみです。
ラベル:アメリカ靴
posted by ojioji at 11:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 靴の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。