2009年10月11日

靴を長持ちさせるために

大切なのは技術じゃなくて
気持ちだったりします。


靴を長持ちさせる秘訣はと
良く聞かれるのですが、

実は特別なことはしていません。

ただ、当たり前のことは
きちんとやっています。

たとえば、履くときには
必ず紐を緩め、シューホーンを使って
履いています。

リアルホーンが一番いいですね。

靴に傷をつけることもないですし、
固さもちょうどよくて
履きやすいし、靴にも優しい。

ロイドフットウエアだと
ミドルサイズは8000円前後で買えます。

一生モノだと思えば全然安いですよ。

プラスティックのものや
金属のものを使うより、気持ちがいいですし。

もちろん時間がないからといって、
無理やり足をねじ込むようなことは
一切しません。

かかとを踏むなんて、もってのほかです。

脱ぐときも紐を緩め、手で靴を押えて
脱ぐようにしています。

反対側の足のかかとで
靴を押えて、足だけで脱ぐのは
靴を痛めるので、絶対やりません。

また、極力雨の日は雨用の
ラバーソールの靴を履きますが、

万が一、雨に当てても
水洗いをして、シミにならないように
手入れをしています。

一部分が濡れるとシミになりやすいですが、
わざと全体を濡らして汚れを落とせば、
いい革ならちゃんと元に戻ります。

それから、シューキーパーは
型崩れ防止のために、必ず入れるようにしています。

家に帰ってすぐに入れる人もいますが、
丸一日履いた靴の中は、想像以上に湿っているので
一晩自然乾燥させて、翌朝にシューツリーを入れています。

安いバネ式のでもいいのですが、
ちょっとテンションがきついので、

木製のものがいいと思います。

メーカーの木型に合ったものが
一番いいのですが、サイズが合ってさえいれば
そこまで厳密じゃなくても全然大丈夫です。

それから、汚れは履いたその日のうちにきれいにします。

軽くブラッシングしたり、
布でふいたり。これをするしないで
だいぶ違います。

特にこすってしまったところは
早めにクリームを塗ると再生するので
ケアしてみてください。

それから、連続して同じ靴を履かないこと。
最低でも2日は明けてあげないと
ダメージが大きくなります。

他の人とたぶん違うのは、
ダメージを見つけたらすぐに
メンテすることだと思います。

どこか悪いところはないか。
何か不都合はないか。
履く度にきちんとチェックする。

結局、靴を長持ちさせたいと
思う気持ちが大切なのだと思います。

靴は愛情をかけると
必ずそれに応えてくれます。

だから、きちんと愛情を注いであげましょう。

これが私の結論。

いいモノを大切に使うことこそ、
紳士道だと思います。

拘りの逸品の生涯大切に使う。

かっこいいじゃありませんか。

その気概を持って靴と向き合えば、
必ず長持ちします。
posted by ojioji at 22:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 靴の手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。