2009年09月21日

ヴィンテージ ネトルトンのロングウィングチップ

フランス靴っぽい
テイストが気に入っています。


2009_0706_221219-CIMG0461.JPG

2009_0706_221240-CIMG0462.JPG

2009_0706_221347-CIMG0464.JPG


ネトルトンといえば、
ローファーの名付けの親として
有名なメーカーでしたが、

1980年代半ばに工場をたたむまで、
ほんとうに手の込んだ靴を作っていました。

この靴は1960年代だと思いますが、
一番繁栄していた時期でしょうか、
丁寧な作りで、革質もとてもよく
経年とともにとてもいいテイストになっています。

ソールはオールレザーで、
大理石の上などはちょっと滑るので
怖いのですが、履き心地は
靴自体の重さを感じさせない、
軽やかさで、結構心地良いです。

また、他のアメリカメーカーの
ロングウィングチップとは一線を画していて
古いウエストンのような
無骨だけどエレガントさを漂わせる
不思議な魅力を持つデザインです。

カラーも自分なりにいろいろいじって、
自然なアンティーク感が出たと思っています。

この靴を履くと、
なぜか気分が良くなったりするので

休日の何でもない日に
引っぱり出して履いたりします。

服や帽子や時計やメガネでも
自分の気分を表現することってあると思います。

自分の気分を表現するために
靴を選ぶというのも、とても面白いですよ。

いろいろな靴の楽しみ方があっていいと
自分は勝手に思っていたりします。

いかがでしょう。
posted by ojioji at 12:42| 東京 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 靴の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
銀座天神山さんの紹介でblogを拝見させて頂いております。
革靴趣味に足を突っ込んで2年そこそこの若輩ゆえ気の利いたコメントもできませんが、今後も古き良き靴について勉強させて下さい。
Posted by Tassy at 2009年09月21日 23:23
Tassyさん、はじめまして。
アクセスありがとうございます。
靴は収集、使用、手入れの3段階で
楽しめる奥の深い趣味だと思います。
今度、是非TENJINYAMAで直接お会いして
靴談義に花を咲かせましょう。
Posted by ojioji at 2009年09月22日 09:23
こんにちは。

やはりいいな。このウィングチップ。フランスの香りがするというのもうなづけますね。
しかし、アメリカのウィングチップは、なぜ、グレインレザーなのでしょうかね。プレントウは、プレーンなカーフもあるのにね。
Posted by deibu95 at 2009年09月24日 01:22
そういえば、ロングウィングチップは
どのメーカーもグレインレザーですね。
理由はわかりませんが、
ある種確立されたスタイルなのでしょうね。

でも、昔のグレインカーフはちょっと
皺が入った程度のいい革を熱処理していましたが、いまのグレインレザーはあまり良くない革をシュリンクさせてごまかしているようで、クオリティに歴然とした差があるのが残念です。
Posted by ojioji at 2009年09月25日 00:28
こんにちは。

しかし程度が抜群によいですね。古い靴だと、アッパーがひび割れかひどい傷、または、かかとの内側の破れか、履き口のパイピングからアッパーへひび割れ(靴べら内なしで無理やり履いた)といった原因で、購入にまでいたっておりません。
昨日も、いい靴があったのですが、履き口のパイピングの破れがひどくて二の足を踏みました。
Posted by deibu95 at 2009年09月25日 16:41
こんばんは。

これの革の質どうですか。また60年代のフローシャイムのインペリアルのグレインレザーの革質って如何ですか。
古いインペリアルあるんですが、手入れしてないので、一度サドルソープで洗ってみようと思うんですが、よくなりますか。まずいですか。
洗ってもよいなら、その後の手入れですが、デリケートクリームを塗ってから、しばらくして、乳化性クリームを塗ればよいですか。
よろしくご教授ください。
Posted by deibu95 at 2009年09月25日 23:03
この靴も60年代のインペリアルもそうですが、古いアメリカ靴の革質は、肉厚でタフな割に柔らかくて、皺もきれいに入ります。

サドルソープで洗っても心配ないですよ。
逆にグレインレザーの皺の部分まで
汚れが落ちるように、スポンジで強めに
擦ってしまっても大丈夫です。
ポイントは均等に洗うこと。そうしないと
後で乳化性クリームを塗ったときに、色ムラができてしまいます。注意するポイントはそこだけです。

デリケートクリームは革がひどく乾燥していた時に使います。
アメリカはとかく乾燥した土地なので、
古い靴だと革の繊維が干乾びた状態になっているものがあります。そんな時はデリケートクリームで水分を補ってあげると、かなり良くなります。(コエンザイムQ10もいいみたいです)
乾燥の程度がさほどひどくなければ、
乳化性クリームだけでOKです。

Posted by ojioji at 2009年09月26日 01:50
いろいろご教授いただきありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。
Posted by at 2009年09月26日 09:38
こんにちは。

何度もすみません。
コードヴァンのケア(バーガンディ色)どうされてます。
基本的には、水を固く絞った布で拭いて
アランエドモンドのクリームを塗るだけですが。WOLYのコードヴァン用もよいと効きますが、いかがでしょう。
Posted by deibu95 at 2009年09月26日 11:25
私もアレンエドモンズのコードバンクリームを愛用しています。WOLYは実は使ったことがないのですが、ALDENやその他のメーカーのものより、発色はアレンエドモンズが一番きれいだと思います。
Posted by at 2009年09月26日 22:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128519464

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。