2009年07月10日

靴を長持ちさせるために

靴も人間の肌も
基本はいっしょです。


たとえば女性の化粧品でも
肌の健康を保つ基礎化粧品と
おめかしをするファンデーションや
リップがあるように、

靴も
革の状態を維持するためのクリームと、
光輝かせるためのワックスを
使い分ける必要があると思います。

KIWIなどのワックスにも
多少保革成分は含まれているようですが、
革の状態維持のために大切なのは保湿。
乳化性のクリームに勝るものはありません。

どんなに表面的に磨いても
革の状態が悪いと、
その光具合に冴えがありません。

よく女性が化粧乗りが
悪いっていうじゃないですか。
まさにその状態です。

化粧乗りを良くするためには
洗顔をして、保湿をして、それから化粧をする。

靴も同じように
@汚れを落として、
A保湿をして、それから
B化粧(ハイシャイン)をするのが
正しい手入れ法だと思っています。

すくなくとも、@とAをきちんとやれば
革は20年でも30年でも
いい状態を保ってくれます。

逆にいえば、いい状態を保てば、
勝手に革が輝いてくれるともいえます。

@ABの具体的な手入れ方法については
また、順を追って改めてアップしたいと思います。

どうぞ、お楽しみに。
タグ:靴の手入れ
posted by ojioji at 15:08| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 靴の手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
楽しみにしてます。

ケア方法は人それぞれで、どれが正解といったものはないのでしょうけど、実際10年単位でよい状態を保ってる方の話は説得力がありますので
Posted by リポビタン at 2009年07月10日 21:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123208336

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。